膣カンジタの症状と治し方

カンジタは性病ではありません

カンジタは性病ではありません 名称から性病のように感じますが、カンジタは誰もが罹る病気になります。
性行為の体験がない人であっても、感染するリスクがある病気です。感染原因は誰もが持っている常在菌になります。
これは消化管や皮膚、または性器にいつも存在しているカビの一種である真菌になります。この真菌が免疫力が弱っているときに、活動を活発化させてカンジタの症状を発症します。
男女ともに発症する病気になりますが、特に女性が多く、重症化することも多いです。
カンジタは性病ではありませんが、やはり病院に行くことにためらいを感じてしまう人もいるでしょう。その場合、市販の医薬品によって完治を目指すこともできます。
ただ性行為の経験を持っている場合、他の性病に感染している可能性もありますので、初めてのカンジタのような感染を認めた場合は、素直に病院で診てもらう方が良いです。
発症してから他の性病に感染するリスクもありますので、正しい対処を行いましょう。

女性の5人に1人はかかる!膣カンジタの症状、治し方

女性の多くが悩まされてしまう膣カンジタは、カンジタ真菌が膣の中で異常に繁殖してしまうことで引き起こされてしまいます。
通常、誰の膣の中にも存在しているカビの一種となってしまいますが、ピルを服用したり妊娠、疲れやストレスなどにより免疫力が低下してしまうことで膣カンジタになってしまいます。初期であれば、自然治癒も可能です。
しかし、大量におりものが出てしまったり痒みや炎症などの症状がある場合は、婦人科などの医療機関で治療を行うことが欠かせません。
婦人科などの医療機関での治し方は、カンジタ菌を抑える抗真菌薬を使用したり炎症や痒みを抑える外用薬を使用して治療を行っていきます。
より効果を期待できる治し方としておすすめなのが、外用薬を使用する前にしっかりとお湯などで優しく患部を洗うことです。患部を清潔にしてから外用薬を塗布することで、短期間での改善も期待できます。
薬局などで治療薬を購入することもできますが、安全に治すなら婦人科などで治療することがおすすめです。