おりものに異常を感じたらカンジダが原因かも

おりものに異常を感じたらカンジダが原因かも

おりものに異常を感じたらカンジダが原因かも おりものは特に役に立つものでもなく、下着を汚してしまうものだと思っている人も多いですが、実は女性の身体を守るための大切な役割を担っています。
その役割とは、膣の中でカンジタ菌や大腸菌などの細菌が繁殖するのを予防するというものです。
しかし、ストレスや体力の低下で免疫力が低下してしまうと、膣の中で細菌が繁殖してしまいます。
これがカンジタの原因です。
カンジタになるとおりものに変化が生じてきます。
その変化とは、まず、量が増えます。
生理周期などによって量が増えることがありますが、その他にも見た目にも変化が生じてきます。
カッテージチーズやおかゆ、ヨーグルト状になる、とも言われるように、白くなってポロポロ、ドロドロとした状態になってしまいます。
デリケートゾーンに痒みなどがあり、このようなおりものの変化を感じた場合、カンジタになってしまっている可能性もありますので、産婦人科などで相談してみるようにしましょう。

カンジダは免疫力の低下が原因?

免疫力は、身体の中にウイルスや細菌が侵入して病気になってしまうのを防ぐために重要な役割を果たしています。
カンジタも細菌が繁殖してしまうことが原因で引き起こされてしまいますので、免疫力を高めておくのは発症の予防法として大きな役割を持っています。
カンジタの原因となる細菌は、もともとはその人の身体に住み着いている常在菌です。
人間の身体には目には見えませんが、多くの細菌が住み着いています。
普段なら身体に住み着いている最近は人間に悪さをすることはありませんので、健康に生活することができています。
しかし免疫力が低下してしまったことで、普段ならば繁殖が出来ないのに、それに歯止めをかけることができずに繁殖を行ってしまうことが原因で発症してしまうのです。
もともと自分の身体に住み着いている菌ですので、完全に身体から取り除くことは出来ません。
そのため、免疫強化を行って繁殖を抑制することが、予防策として有効になってきます。